小児整形外科画像

小児整形外科では、文字通りお子様の体に生じた運動機能障害や変形について診療いたします。お子様は発育途上にあることから、大人には起こらないような成長期特有の病気やケガが起こることも少なくありません。診察時には成長による変化の過程も見極め、後遺症等のリスクも考慮しながら、診察・検査・治療を行っていきます。

なお、小さなお子様は自らの異常を言葉で表現できないことがほとんどです。そのため保護者の方から見て、姿勢が悪い、歩き方がおかしい、よく転倒するなど、何らかの症状や疾患が考えられたり、ご不安があったりする場合にもお気軽にご受診ください。

小児整形外科でよく見受けられる疾患

  • 発育性股関節形成不全
  • 股関節臼蓋形成不全
  • ペルテス病
  • 大腿骨頭すべり症
  • O脚、X脚
  • 小児期扁平足
  • 先天性内反足
  • 歩容異常
  • ばね指
  • 脊椎異常(先天性側弯症、特発性側弯症)
  • 腰椎分離症
  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 先天性斜頸(筋性斜頸) など