骨粗しょう症とは

骨粗しょう症画像

骨粗しょう症とは、何らかの原因によって骨強度(骨密度と骨質)が低下、それにより骨が脆弱化し、骨折しやすくなる病気のことです。ちなみに骨強度を構成する「骨密度」とは、骨に含まれるカルシウム等のミネラルの量(骨量)が単位面積あたりでどれくらい含まれているかを数値化したもののことをいいます。また骨質は、建築で言うところの柱にあたるものです。強くしなやかな骨を維持するには骨質の存在も重要とされていますが、骨密度のような数値化は現時点では臨床での適用はされていません。

主な症状

骨が脆くなると、ちょっとした転倒やくしゃみなど、少しの衝撃でも骨折してしまうようになります。また背骨が体の重さに耐えられなくなることによる、圧迫骨折などもみられます。骨粗しょう症の患者様でよくみられる骨折部位は、背骨、手首、太ももの付け根(大腿骨近位部)、腕の付け根と言われています。なお背骨の圧迫骨折が起きると、腰や背中に痛み、身長低下、脊柱後弯変形などが現れるようになります。また大腿骨近位部を骨折すると、多くの場合手術が必要となり、活動性が極端に落ち寝たきりになるケースもあるため、特に注意が必要です。

発症の原因

骨粗しょう症の発症の原因は、大きく以下の2つに分けられます。

日本人の全骨粗しょう症患者様の約9割の方が原発性骨粗しょう症で、その中でも閉経後骨粗しょう症の患者様が多く、同疾患の8割程度は女性が占めるとも言われています。また性別を問わず、年齢が高くなればなるほど有病率が上昇します。

原発性骨粗しょう症 原因が病気など特定したものではなく、閉経や加齢、栄養不足、慢性的な運動不足などが引き金となって発症するもの
続発性骨粗しょう症 何らかの病気や薬剤の影響(ステロイド薬の長期投与等)など、特定した原因があって発症するもの

検査について

骨粗しょう症の診断では、骨密度検査、X線検査、血液検査などが行われます。
このうち骨密度検査は、主に全身型の骨密度測定装置を使用します。これは「DEXA法」と呼ばれるものであり、高低2種類のX線を測定部位に照射し、その透過度をコンピュータで解析し、骨量を調べます。短時間で測定でき誤差も少ないことから、骨量測定における標準的な検査法とされています。
X線検査では、胸椎や腰椎のX線写真によって骨折や変形の有無を調べます。
血液検査では、骨を形成する骨芽細胞、骨を破壊する破骨細胞の活動性を数値化してみることができ、その数値のバランスを見て治療法なども決めていきます。
特に女性に関しては、骨粗しょう症の症状がないという場合でも40歳を過ぎたら骨密度検査を定期的に受けていただくことをおすすめします。

治療について

検査の結果などから骨粗しょう症と診断した場合には、早期に治療を始めます。骨粗しょう症は「骨の生活習慣病」とも言われ、まずは生活習慣の見直し(食事療法、運動療法)をすすめます。

食事療法

骨強度を低下させないよう骨形成に役立つ、カルシウム、ビタミンDを多く含む食品を摂取します。また喫煙をされる方は禁煙をし、多量の飲酒やカフェインを多く含む飲み物は控え、インスタント食品の摂取も控えるようにします。

運動療法

適度な運動で骨に負荷をかけ、骨強度を上げるようにします。ウォーキングやジョギングなど無理をしない程度の有酸素運動を、できるだけ毎日継続的に行うようにします。また転倒防止のためのバランス訓練や筋力トレーニングも行います。

上記の生活習慣の見直しを行ったうえで、併せて薬物療法も行っていきます。この場合は患者様の状態に合わせ、破骨細胞に作用する骨吸収抑制薬(ビスホスホネート、SERM など)、骨形成を促進させる効果がある骨形成促進薬(PTH製剤など)、腸管からのカルシウム吸収を向上させる骨代謝調整薬(活性型ビタミンD3製剤)などが用いられます。